不動産投資を成功に導く様々な対策|空室対策で赤字を黒字に!

外観

現状を知って空き室対策

部屋

差別化で空き室をなくする

空室対策には様々な方法がありますが、その中でも有効的な方法は同様の空室物件と比較してそれらの物件との差をつけて差別化するという方法があります。近所にある空室物件と同じような状況ですとなかなかその家を選んでもらうということは難しくなります。他の物件にはない特徴を作るということが重要になります。駐車場が完備されていることや設備を新しくしていることや水回りをリフォームしていることや内装にこだわるなど他の物件と比較して特徴があるということが必要です。そうすると同じ金額を支払うならこちらの方が良いと思ってもらうことができます。空室対策の効果的な方法として他の物件との差別化をテーマに考えてみるのも良いことです。

サービスによって対策

空室対策として考えたい別の方法はサービスを提供するという方法です。魅力的なサービスがあればそこに住みたいという気持ちも高まります。しかし、家賃を下げるというサービスを提供した場合は一度下げた家賃を引き上げるということはとても難しいことになってしまいます。ですから、長期的に考えて損になってしまうサービスは経営を圧迫してしまいますので注意が必要になります。魅力的なサービスとしては礼金を支払わなくても良いということにしたり、1・2ヶ月分の家賃をサービスしますという方法もあります。こうしたサービスによって入居していただけるのであれば長期な視点で考えるなら空室対策となり収入を長く得続けることに結びつけられるのでオススメです。

誰もが大家さんになれる

内観

みんなで大家さんというシステムを利用すれば誰でも大家さんになることが出来ます。このシステムの魅力は個人では投資が出来ないような物件でもみんなで投資をすることで利回りの良い、安全性の高い物件に投資をすることが出来ることです。

もっと読む

不動産に投資する方は

お金

マンション経営にはワンルームマンションの場合と丸ごと1棟買いの場合があり、新築物件と中古物件の場合では中古物件の方が利回りは良いとされています。ただ場所的な要件とか空室のリスクを伴い、10年を過ぎると修繕やリフォームの資金を行うことが大切です。

もっと読む

マンション価値の維持は

アパート

高額で購入したマンションであっても、マンション管理がずさんで、メンテナンスを怠っていれば、資産価値は急速に低下します。高額でない物件でも、維持管理をしっかりやっていれば、資産価値は下がりません。ずばり、マンション管理会社が重要になります。

もっと読む